×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

血糖値 正常値

サイトマップ

血糖値の正常値

健康診断の結果で、血糖値が高いとか低いとかいわれて再測定になることはありますが、では正常値がどれくらいなのか?ということはあまり記載されていません。血糖値というのは、一人の同じ人間でも一日の間で血糖値は何遍も上下を繰り返すことになります。一日の間でかなり変動があります。

そもそも血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度をあらわした数値です。飲食を取れば血液中のブドウ糖量は一気に上昇しますから、血糖値が上がります。血液中のブドウ糖濃度が下がると、人間は空腹感を感じるようになっていますので、空腹時に計測すれば血糖値は低いというわけです。

つまり、一日三食が基本の人間の場合、一日の間で変動を繰り返す血糖値は、正常値がどれくらいと設定するのが難しいのです。一般的には食後45分〜1時間後の一番血糖値があがった時に140mg/dl未満が目標的な数値といわれており、食後2〜3時間で食前の血糖値に戻るといわれています。

一般的に正常値といわれる80〜100mg/dlという数値は、空腹時の数値になります。ですから、血糖値に関しては、測定するタイミングが大変重要です。また、血糖値が50mg/dlを下回ると低血糖といわれ、そのまま低下すると危険ですから、70mg/dl以下になったら糖分を摂取する必要があるといわれています。食後2時間後に血糖値が180mg/dlを超えていると血糖値が高いといわれ、140mg/dl以下なら正常と判断されています。

血糖はじわりと効いてくる病気です、表面にはでなくても狭心症や疲労回復しづらい、PMS等など様々な病気の原因にもなりますから要注意です。
PMSの症状

痩せるための方法

どんな方法を取れば痩せることができるかを考える際には、使うカロリーの量と取り入れるカロリーの量を比べて、前者が多くなる方法を考えることです。痩せる方法としては、脂肪の燃焼しやすい体質改善を目指したり、サプリメントを活用するなどの方法がありますが、まずは食事と運動のバランスに着目する必要があります。

摂取カロリーを減らそうと食事制限をしても、ついつい間食をしてしまい、結局カロリーオーバーで痩せられない人も少なくないと思います。ところが、料理に使う食品選びを改善して、ちょっとした方法を加えたダイエットにより悩みは解消されるのです。体内に脂肪が蓄積されにく体になるためにも、痩せる方法を続けてもお腹が空いて苦しくなったり、ストレスが溜まらないよう工夫してください。

痩せる方法として食事を改善するなら、主食を雑穀や玄米にして血糖値の上昇を抑えましょう。いわしや鯖などの背青い魚や、赤身の肉などで良質のタンパク質を食事に組み込んでください。食物繊維を多く含む食品や、ビタミンの吸収を促進する天然植物性油脂もダイエットに役立ちます。

痩せる方法を実践するなら、こういったダイエットにいい食事を1日の半分は使うようにしましょう。痩せる方法は無数にありますが、いずれにしても時間はかかりますので、やる気を維持することが重要です。

激しい運動を毎日続けずとも、痩せるという意欲を失わずに食事や生活態度に少し気を配るだけでも痩せる方法になります。この痩せるための方法に、前向きな気持ちで取り組んでみませんか?

「血糖値の正常値」について

糖尿病の気配は、健康診断で血糖値が高いと忍び寄っています。血糖値の正常値を知り日頃から対策するのが賢明ですね。